ダルさ解消の為にやれることから一歩づつ(K・Hさん 40代男性)

ダルさ解消の為に出来る事から一歩づつ(K・Hさん 40代男性)

私は41歳の男性です。ここ何年か体調の良い日がまるでありません。

 

子供の頃の毎日走り回っていたあの日の体調に一度でもいいから戻ってみたい。いつもそう思っています。

 

私の症状ですが朝起きるとこれでもかというくらいにとにかく怠いです。疲れが取れるどころか夜寝る前よりも体の倦怠感に悩まされています。

 

原因はおそらく体に合っていない煙草や毎日パソコンに向かってのデスクワーク、そして姿勢の悪さだと自分なりに推測しています。

 

座っているといつの間にか足を組んでしまい、仕事のミスをしないようにとのプレッシャーからか体にもの凄く力が入ってしまい猫背と首だけが前につっこんだような体勢になってしまいます。

 

意識して体の力を抜こうとしても自分自身の体なのにコントロールする事が出来ません。それにより首がストレートネックになり首や肩の不快感に繋がってしまっています。

 

針治療やマッサージ、そして整体にも通いましたが体が少し楽になるのはほんの数日。いつの間にか元の酷い状態に戻ってしまいます。

 

私の症状は体がだるい、動悸、目眩、疲れてくると呂律が回らなる等です。そんな時は人との会話すら億劫になってしまいます。

 

休みの日などはとりかく体を起こしているのも辛くすぐに横になっていないと辛い状態です。

 

やはり人間ここまで体が不調だとお出掛けしたり誰かと美味しいごはんを食べに行ったりと普通の人が普通にやれる事さえも億劫になり自分自身ほんとうに情けない気持ちになってしまいます。

 

このままではだめだと分かってはいるのですが心と体が完全にバラバラ状態。このままでは老後は寝たきりにならないかとそんな事まで考えてしまいます。

 

しかしそのような人生は送りたくありませんので体の怠さや不調を取り除く為の計画を立てました。

 

まずは禁煙。これがすぐにでも実行できる思います。

 

そして日常では姿勢を良くする事を常に意識する。胸をはって体重が少し後ろよりにかかるくらいの感じを意識します。お風呂にもゆっくり浸かり体を温め、入浴後は入念なストレッチを毎日やりたいと思います。

 

スポーツに関しては何が一番効果があるのだろうか?と考えた所、全身の筋力も高めると共に有酸素運動もできる水泳が良いと思いました。

 

肩や背中に良い刺激を与える事により水泳後の翌朝の寝起きの怠さが軽減されるのがなんとなくイメージ出来ます。

 

あとはヨガも良いと聞きます。手軽に自宅の中でも行えるのでぜひ取り入れていきたいと思います。ヨガは以前スポーツジムでやっていた事がありますが見た目以上にハードで体に負荷をかける事が出来ます。

 

そしてなにより心を落ち着かせる事の出来る数少ないスポーツではないでしょうか?この様にまだ体の怠さや不調を取り除こうという意欲があります。

 

数年後にはこの意欲さえもなくなるかもしれません。ですのでこの気持ちがある今のうちにやれる事はやり、体の怠さを少しでと取り除ける様に頑張って行きたいと思っています。

関連するページ

犯人は自律神経失調症だった!
体のダルさには色々な原因が考えられますが、近年特に増えているのが自律神経失調症によるものです。ここでは実際に自律神経失調症に悩まされていたSIさんの体験談をご紹介します。
夕方になると脱力してしまう
管理人の私は主に夕方になると抗い難い倦怠感に襲われて苦労していたのですが、今回紹介するM・Aさんも私と同じように、夕方になると決まって原因不明の倦怠感・ダルさに襲われていました。一体それはどういうものだったのでしょうか?
疲労は幽霊の仕業!?
肉体疲労・精神疲労それらの原因は人それぞれ沢山ありますが、どれだけ検査しても原因が分からないとなると幽霊の仕業?なんて考えてしまいたくもなりますよね。ここではそんな原因不明の疲労に悩まされていたHTさんの体験談をご紹介します。
疲労と向き合うのも仕事のうち
働き盛りの男性だと仕事一筋で自分の身体のケアをついついおなざりにしてしまいがちですよね。しかし、それでは体が持たないので体調管理をきちんとすることも欠かせません。ここではそんな自分の疲れと向き合うことにしたSSさんの体験談をご紹介します。
目が覚めたら緊急車両!
過労死や残業100時間越えなど、近年は多すぎる仕事量に関連するニュースが後を絶ちませんが、ニュースになっていないだけで世間には事故一歩手前の出来事が沢山起きています。ここでは緊急車両まで来てしまったKYさんの体験談をご紹介します。
倦怠感の犯人は更年期障害だった
倦怠感の原因で自律神経失調症と並んで多いのが更年期障害です。男性にはイマイチ理解されず共感も得られない更年期障害ですが、女性であれば誰しも避けては通れないこの問題。ここではそれと向き合ったMMさんの体験談をご紹介します。
加齢と共に倦怠感が増してきて
人間誰であれ加齢と共に体の機能も落ちてきて体力や集中力の低下を感じるものですが、肉体的疲労は逆に増していきます。ここではそんな体験をしてきたSGさんの話をご紹介します。
ダルさの正体は何と大病だった
世の中に存在する体の疲労や倦怠感は食事・睡眠・運動をきちんとやることで解消されるものがほとんどですが、中にはそれらをどれだけ頑張っても解消されない厄介なものもあります。ここでは疲労や倦怠感の正体が実は大きな大病だったEUさんのお話をご紹介します。
生理痛でグダ〜
女性は男性より社会的に多くの面で不自由していますが、その代表的な例が生理です。ずっと付き合っていかなければならないものなので仕方ないとは分かってはいるものの、毎月嫌になりますよね・・・ここではそんな生理痛で苦労していたEIさんの体験談をご紹介します。