夕方になると脱力してしまいます(M・Aさん 40代女性)

夕方になると脱力してしまいます(M・Aさん 40代女性)

ここ数年、週に何日かの割合で夕方になると身体に力が入らなくなってしまいます。子供を出産する前までは、夕方でもバリバリと仕事をこなし、帰宅後もきちんと家事をこなしていました。

 

でも、今では夕飯作りを休み休み行わないと、脱力感があって台所に立っていることが難しいです。我慢して立ち続けていると、頭に血が上ったような状態でふわふわとした意識になってきます。

 

その後に、寒い日でも汗がぶわっと吹き出てきます。そんな時は、飴やチョコレートをひとかじりして、ソファに10分くらい横になって休むと少し楽になります。

 

けれど長い時間休んでいると、お腹を空かせた子供たちが騒ぎ出すのでまた台所に向かわざるを負えません。最近は、メインメニューはあまり手の込んだものは作らず、レンジでチンで済ませたりとしてしまっています。

 

成長期の子供にこんな料理でいいのかと、ちょっと後ろめたい気持ちになってしまいます。お母さんの味が冷凍食品って言うのも、恥ずかしい話です。

 

年齢的に、更年期障害でも始まってしまったのかと思い、同年代のママ友たちにも相談しましたが、皆さんはそういう症状には遭遇していないそうです。

 

個人差はあるとは思いますが、自分が更年期障害がでる年齢と思うのもなんだか嫌です。甘いものを取ると楽になるので、勝手に血糖値が低くなってしまっているのだろうと決めつけています。

 

只、よく考えてみると最近寝付きも悪く、平均睡眠時間が5時間弱です。朝からぐったりという状況です。睡眠時間が短い日が続くと、耳鳴りと耳が痛い状況にもなります。

 

これも何か関係しているのかと思います。長く眠りたいのだけど、目覚めてしまうということもストレスです。仕方なく仕事のない日に、お昼寝やお布団に居座り続けなんとか睡眠時間を確保しようと粘っていますが、余計に体がだるいです。

 

子供と一緒に外で体を動かしたほうが、さっぱりする気がします。睡眠障害か自律神経失調症を疑って、心療内科さんにお世話になろうかとも考えていますが、どの病院さんも予約を取り心療してもらうのにも随分と待たされるみたいです。

 

そういう症状のお薬もちょっと怖い気がして、尻込みしてしまっています。そんなわけで、自宅でもできるリラックス方をいろいろ試し中です。

 

一番落ち着くお風呂は、毎日自分の好きな香りの入浴剤を入れて、ゆっくりツボ押ししながら入っています。

 

あとは、スマホやパソコンばかりいじらないようにしています。症状の改善になっているかはわかりませんが、ひどくはなっていないので今のところ様子見です。

  

関連するページ

犯人は自律神経失調症だった!
体のダルさには色々な原因が考えられますが、近年特に増えているのが自律神経失調症によるものです。ここでは実際に自律神経失調症に悩まされていたSIさんの体験談をご紹介します。
やれることから一歩づつ
慢性的に続くダルさは何とかしないといけないと分かっていても中々対策するのが億劫で放置してしまいがちですよね。でも、いつかはそれと向き合わなければいけない日が必ず来ます。ここではそんな自分の倦怠感と向き合っていくことを決めたKHさんの体験談をご紹介します。
疲労は幽霊の仕業!?
肉体疲労・精神疲労それらの原因は人それぞれ沢山ありますが、どれだけ検査しても原因が分からないとなると幽霊の仕業?なんて考えてしまいたくもなりますよね。ここではそんな原因不明の疲労に悩まされていたHTさんの体験談をご紹介します。
疲労と向き合うのも仕事のうち
働き盛りの男性だと仕事一筋で自分の身体のケアをついついおなざりにしてしまいがちですよね。しかし、それでは体が持たないので体調管理をきちんとすることも欠かせません。ここではそんな自分の疲れと向き合うことにしたSSさんの体験談をご紹介します。
目が覚めたら緊急車両!
過労死や残業100時間越えなど、近年は多すぎる仕事量に関連するニュースが後を絶ちませんが、ニュースになっていないだけで世間には事故一歩手前の出来事が沢山起きています。ここでは緊急車両まで来てしまったKYさんの体験談をご紹介します。
倦怠感の犯人は更年期障害だった
倦怠感の原因で自律神経失調症と並んで多いのが更年期障害です。男性にはイマイチ理解されず共感も得られない更年期障害ですが、女性であれば誰しも避けては通れないこの問題。ここではそれと向き合ったMMさんの体験談をご紹介します。
加齢と共に倦怠感が増してきて
人間誰であれ加齢と共に体の機能も落ちてきて体力や集中力の低下を感じるものですが、肉体的疲労は逆に増していきます。ここではそんな体験をしてきたSGさんの話をご紹介します。
ダルさの正体は何と大病だった
世の中に存在する体の疲労や倦怠感は食事・睡眠・運動をきちんとやることで解消されるものがほとんどですが、中にはそれらをどれだけ頑張っても解消されない厄介なものもあります。ここでは疲労や倦怠感の正体が実は大きな大病だったEUさんのお話をご紹介します。
生理痛でグダ〜
女性は男性より社会的に多くの面で不自由していますが、その代表的な例が生理です。ずっと付き合っていかなければならないものなので仕方ないとは分かってはいるものの、毎月嫌になりますよね・・・ここではそんな生理痛で苦労していたEIさんの体験談をご紹介します。