倦怠感は更年期障害だからでした(M・Mさん 40代女性)

倦怠感は更年期障害だからでした(M・Mさん 40代女性)

30代の後半から、まるで若い頃みたいな生理不順に見舞われイライラし始めました。

 

そのときすぐに気づけばよかったのですが、仕事が忙しく生活習慣が乱れていたので、そのせいだろうと思っていました。

 

それから、とにかく体の倦怠感が抜けず、これも繁忙期の反動だろうと思って忙しさが終わるのを待ちましたが、繁忙期が終わっても倦怠感は一向に改善しませんでした。

 

生活習慣も戻ったし、睡眠も取れているはずだったのですが、お風呂にもはいらず寝てしまう日が増えたことでこのままではまずいと思い、市販の疲労回復薬を買いました。

 

毎日飲み続けましたがやっぱり改善はなく、相変わらず生理不順が続きイライラもマックスに。

 

そこでようやく内科を受診したところ、そのまま婦人科へ回されたのでした。

 

更年期障害は生理が終わって女性が悩まされるものだと思い込んでいたので、まだ30代後半の自分にはないだろうと考えていたのでショックでした。

 

でも、問診を受けると心当たりのある症状が他にもあり、医師からはまだ若いのであくまでも疑いの範囲として更年期障害を指摘されました。

 

私の場合、とにかくひどい倦怠感が特徴でした。

 

本格的にひどいと起き上がることができず、仕事を休んでしまうこともありました。

 

他に、急に我慢できないくらいの睡魔が襲ってきて、眠ってしまったりしました。

 

こうして寝ても、結局倦怠感は拭えずだるいままで、医師から処方された漢方薬を数ヶ月続けて何とか改善してきました。

 

でも、漢方薬は効果が緩慢と言われているように、効き目がとても緩やかで「今日はちょっとマシかな」と感じる程度で、しっかり倦怠感が抜けたと感じる日は少ないです。

 

ただ、寝込むことはなくなりましたし急な睡魔に襲われることも減ったので、一定の改善はしているのだろうと思っています。

 

私の場合、他の誰かと比較したことがないので症状が重いのかどうかわかりませんが、とにかく連日倦怠感があるのは正直なところ精神的にも体力的にも辛かったです。

 

更年期障害を疑うことがなかった分、何か他の悪い病気かとと思って内科を受診しましたし、診察を受けるまでは怖かったです。

 

倦怠感が大きな病気のサインである場合もあるので、あまりにも続く場合は診察を受けた方がいいかもしれません。

 

私のように女性であれば、更年期障害の可能性もあるので我慢しないで婦人科へ足を運ぶといいと思います。

 

倦怠感が続くのは鬱っぽくなって辛いので、早めに対応した方がスッキリしますよ。

  

関連するページ

犯人は自律神経失調症だった!
体のダルさには色々な原因が考えられますが、近年特に増えているのが自律神経失調症によるものです。ここでは実際に自律神経失調症に悩まされていたSIさんの体験談をご紹介します。
やれることから一歩づつ
慢性的に続くダルさは何とかしないといけないと分かっていても中々対策するのが億劫で放置してしまいがちですよね。でも、いつかはそれと向き合わなければいけない日が必ず来ます。ここではそんな自分の倦怠感と向き合っていくことを決めたKHさんの体験談をご紹介します。
夕方になると脱力してしまう
管理人の私は主に夕方になると抗い難い倦怠感に襲われて苦労していたのですが、今回紹介するM・Aさんも私と同じように、夕方になると決まって原因不明の倦怠感・ダルさに襲われていました。一体それはどういうものだったのでしょうか?
疲労は幽霊の仕業!?
肉体疲労・精神疲労それらの原因は人それぞれ沢山ありますが、どれだけ検査しても原因が分からないとなると幽霊の仕業?なんて考えてしまいたくもなりますよね。ここではそんな原因不明の疲労に悩まされていたHTさんの体験談をご紹介します。
疲労と向き合うのも仕事のうち
働き盛りの男性だと仕事一筋で自分の身体のケアをついついおなざりにしてしまいがちですよね。しかし、それでは体が持たないので体調管理をきちんとすることも欠かせません。ここではそんな自分の疲れと向き合うことにしたSSさんの体験談をご紹介します。
目が覚めたら緊急車両!
過労死や残業100時間越えなど、近年は多すぎる仕事量に関連するニュースが後を絶ちませんが、ニュースになっていないだけで世間には事故一歩手前の出来事が沢山起きています。ここでは緊急車両まで来てしまったKYさんの体験談をご紹介します。
加齢と共に倦怠感が増してきて
人間誰であれ加齢と共に体の機能も落ちてきて体力や集中力の低下を感じるものですが、肉体的疲労は逆に増していきます。ここではそんな体験をしてきたSGさんの話をご紹介します。
ダルさの正体は何と大病だった
世の中に存在する体の疲労や倦怠感は食事・睡眠・運動をきちんとやることで解消されるものがほとんどですが、中にはそれらをどれだけ頑張っても解消されない厄介なものもあります。ここでは疲労や倦怠感の正体が実は大きな大病だったEUさんのお話をご紹介します。
生理痛でグダ〜
女性は男性より社会的に多くの面で不自由していますが、その代表的な例が生理です。ずっと付き合っていかなければならないものなので仕方ないとは分かってはいるものの、毎月嫌になりますよね・・・ここではそんな生理痛で苦労していたEIさんの体験談をご紹介します。