生理痛でグダ〜(E・Iさん 20代女性)

生理痛でグダ〜(E・Iさん 20代女性)

女性なら小学生になると必ずしも来るものがありますね。男性には来ないもので女の子は思春期になると来るあれです。そう、生理です。

 

人により個人差があり、早く初潮を迎えたり、少し遅れてなるものもあります。最初は血が出てびっくりされた方もいるとは思います。

 

ですが病気ではなく、大人の体になる女性になる為の第一歩ですよね。生理が初めて来たときはよくわからなかったですが、段々と体の不調を訴えたりすることもあるのではないかと思います。

 

下腹部痛、頭痛、だるさ、倦怠感、など体調不良の訴える方もいるのではないかと思います。ご飯を食べててもあまり美味しくなかったり、あまりにも痛みが酷くて、病院で薬を貰いに行ったり案外お金もかかりますよね。

 

私は酷くて、出血の量もかなり大量でトイレに普段より多く駆け付けます。スッキリしたなあとはあまり思わなく、また今度はいつ来るのかなという感じです。

 

男性にはわからなくなかなか交際相手の気持ちがわからなく戸惑うこともあるのではないかと思います。男性には男性の悩み事も色々とあるとは思います。

 

あんまり自分を責めないでくださいね。女性としてはやっぱり男性には優しく優しくしてほしいものなので優しくでお願いしますね。

 

痛みが治らないときはもし休みであれば私はひたすら寝ます。だるかったり、気持ち悪かったりするので寝るのが一番かなあと考えています。

 

そうするとだいぶ落ち着きます。寝ることって以外と良いんですね。でも寝過ぎてもいけないのである程度は起きてます。

 

部屋を暖かくして服を温かい服装に替えて寝たり、倦怠感があるときは膝掛けを体に巻いたりしています。あとはハチミツが良いのでハチミツをお湯で溶かしてハチミツ割りを作って飲みます。

 

私の母親が風邪を引いたときや、体調不良になったときはよく作ってくれて母の味だなあと思っています。お湯を入れすぎると薄くなるのでスプーン2杯くらいでいいと思います。

 

かなり温まり美味しく頂ける風邪を引いたときのアイディアだと思います。私的にですが真似したい方は一緒に温まれると思っています。おすすめです。

 

でも、倦怠感があるときはやはり病院に行くのがおすすめですよね。自分で治すと予想外に延びたり、治りが良くなかったりするものです。

 

まずはきちんと食事をとり予防法を考えていくことがいいのではと思っています。そしてきちんと病院に行って診察を受けて手当てをして治してくださいね。

関連するページ

犯人は自律神経失調症だった!
体のダルさには色々な原因が考えられますが、近年特に増えているのが自律神経失調症によるものです。ここでは実際に自律神経失調症に悩まされていたSIさんの体験談をご紹介します。
やれることから一歩づつ
慢性的に続くダルさは何とかしないといけないと分かっていても中々対策するのが億劫で放置してしまいがちですよね。でも、いつかはそれと向き合わなければいけない日が必ず来ます。ここではそんな自分の倦怠感と向き合っていくことを決めたKHさんの体験談をご紹介します。
夕方になると脱力してしまう
管理人の私は主に夕方になると抗い難い倦怠感に襲われて苦労していたのですが、今回紹介するM・Aさんも私と同じように、夕方になると決まって原因不明の倦怠感・ダルさに襲われていました。一体それはどういうものだったのでしょうか?
疲労は幽霊の仕業!?
肉体疲労・精神疲労それらの原因は人それぞれ沢山ありますが、どれだけ検査しても原因が分からないとなると幽霊の仕業?なんて考えてしまいたくもなりますよね。ここではそんな原因不明の疲労に悩まされていたHTさんの体験談をご紹介します。
疲労と向き合うのも仕事のうち
働き盛りの男性だと仕事一筋で自分の身体のケアをついついおなざりにしてしまいがちですよね。しかし、それでは体が持たないので体調管理をきちんとすることも欠かせません。ここではそんな自分の疲れと向き合うことにしたSSさんの体験談をご紹介します。
目が覚めたら緊急車両!
過労死や残業100時間越えなど、近年は多すぎる仕事量に関連するニュースが後を絶ちませんが、ニュースになっていないだけで世間には事故一歩手前の出来事が沢山起きています。ここでは緊急車両まで来てしまったKYさんの体験談をご紹介します。
倦怠感の犯人は更年期障害だった
倦怠感の原因で自律神経失調症と並んで多いのが更年期障害です。男性にはイマイチ理解されず共感も得られない更年期障害ですが、女性であれば誰しも避けては通れないこの問題。ここではそれと向き合ったMMさんの体験談をご紹介します。
加齢と共に倦怠感が増してきて
人間誰であれ加齢と共に体の機能も落ちてきて体力や集中力の低下を感じるものですが、肉体的疲労は逆に増していきます。ここではそんな体験をしてきたSGさんの話をご紹介します。
ダルさの正体は何と大病だった
世の中に存在する体の疲労や倦怠感は食事・睡眠・運動をきちんとやることで解消されるものがほとんどですが、中にはそれらをどれだけ頑張っても解消されない厄介なものもあります。ここでは疲労や倦怠感の正体が実は大きな大病だったEUさんのお話をご紹介します。