鬱について

鬱について

鬱

うつ病にも色々症状がありますが適切な治療さえおこなえば必ず治る病気です。

 

早期発見の為にもまずうつ病の初期症状を知っておきましょう。

 

まずうつ病の初期症状の特徴は身体的な不調を感じることです。

 

うつ病の主な症状は下記の通りです。

 

  • 頭が重い
  • 食欲が減退する
  • 疲労感がとれない
  • 肩や首のこりが酷い
  • 思ったように眠れない
  • 集中力がなくなり、仕事等の能率が悪い
  • ふとした不安やちょっとした事で焦ってしまう

 

などがうつ病の初期症状であげられます。

 

うつ病の発症に気付きづらいのは初期症状の段階では、うつ病が発症する以前の段階の時と比べても仕事などは頑張れば以前と同じようにこなせる状態だという事が挙げられます。

 

そして適切な治療が行われず、症状が進んでいくとどんどん重たくなり、ある日突然起き上がることすらできなくなってしまいます。

 

更に細かくうつ病を分けると4つの分野で症状があります。それら4つの症状を具体的に説明します。

 

思考面の症状では、思考力減退、集中力困難、記憶力の低下、判断力の低下、考えがまとまらない、決断できない、妄想等があります。

 

精神症状・感情面の症状では、躁うつ気分、いらいら感、劣等感、取り越し苦労、後悔、心配性、罪悪感、焦燥感、憂鬱感等が挙げられます。

 

意欲面の症状の症状では、意欲低下、無気力、根気がない、関心の低下・喪失、日常生活に支障をきたす等があります。

 

また精神面だけでなく身体にも異常をきたし、全身倦怠感、疲労性頭重、頭痛、肩こり、筋肉痛、眼精疲労、睡眠障害、生理不順、体重減少が挙げられます。


関連するページ

コエンザイムQ10の驚きの力
体調不良や日々の疲れを改善するために調べると、色々なものが出てきて逆に困ってしまいますよね。そんなとき、コレ一つで全て解決、というものがあればどんなにラクなことかと思ったことは誰しも一度や二度はあるはず。今回はそんな夢?をかなえてくれるコエンザイムQ10についてご紹介します。
黒酢の疲労回復効果について
夕方のだるさに耐え切れず、栄養ドリンクなどで乗り切っている人は多いかと思いますが、これらドリンク類は元気の前借りと言ってもよいほどの体へのダメージが大きく、出来れば常用はしたくないものです。そこで、ここではそれの代用とも成り得る黒酢をご紹介します。
冷え性を改善について
古今東西、人間の体に不調が起きた際は温めることが単純にして最も効果的な治療法として伝承され続けてきました。それくらい冷え性は健全な体にとって厄介な存在です。ここではそんなだるさの原因ともなる冷え性について説明します。
タウリンに秘められた脅威の力
何となく体がだるい・・・そんな時に効くのが栄養ドリンクです。栄耀ドリンクにはタウリンという成分が配合されていて、これが元気の源になります。ここではそんなタウリンについてみていきます。
現代になってダルい人が増えた
今の時代、食べ物に困らないのは当然として気を抜くとすぐ食べ過ぎになってしまうようになりました。飽食の時代です。にも関わらず、世間では食べ物が増えるのと比例して体のダルさを訴える人が増えました。これはなぜでしょうか。
たんぱく質不足は鬱の元
お肉や卵から摂取されるタンパク質は太る元として何かと敬遠されがちですが、人間が生きていく上でこれらは欠かせない栄養素です。タンパク質が不足すると場合によっては鬱になることも。ここではそんなたんぱく質についてご紹介します。
疲れた時に甘い食べ物はNG
疲れた体には甘い食べ物が有効なのは間違いありませんが、ちょっと待ってください。実はこれ、体のためを思うならやってはいけない習慣です。ここではそんな体と甘い食べ物の関係についてご紹介します。
笑いは万病の薬
笑いが健康にとって良いことは多くの方が何となく体感的に察知していることかと思いますが、この忙しい現代社会、中々仕事で忙しく笑う暇すらないというケースが多いですよね。しかし、笑いは私たちが想像している以上に大切な存在です。ここではそんな笑いの効能について解説します。
何となくダルい、が続いたら……
特にこれといって理由もないのに何となくダルくて仕事も勉強も手に付かないときってありますよね。そんな時はどうすればいいのでしょうか。ここでは何となくダルい原因やそれの解消法について書いていきます。
栄養ドリンクの隠されたリスク
何かと疲れがちな現代人にとって飲めば一発で元気になれる栄養ドリンクは頼もしい存在です。でも、飲みすぎが体に良くないことは多くの人が何となく直感的に感じていることでしょう。そこで、ここでは知ってそうで意外と知らない、栄養ドリンクの危険性について説明します。