笑いは万病の薬

笑いは万病の薬

笑顔の人

 

自分の感情をコントロールするコツは、喜怒哀楽といった人間が持つ自然な感情を無理に抑え込みすぎないことです。

 

世間では”自分の感情をコントロールして一人前”、なんて風潮もありますが、自分の精神の安定を保つは感情は適度に吐き出してため込まないことが肝心です。

 

特に、「喜び」や「楽しさ」は、他人にわかるように表現して、共有できればリラックス面・ストレス解消面でも最高です。

 

楽しそうな人、喜んでいる人に共通するもの、それは笑いでしょう。

 

笑いに癒しの効果があることは、さまざまな研究でも確かめられています。
参考:笑いはがんを征圧する - 神奈川県予防医学協会

 

笑いの健康への効果

 

かつて、とある専門家が脳梗塞の患者と笑いについて調べました。その結果、なんと落語を聞かせて笑った人ほど、脳血流が増加したそうです。

 

そのほかにも、笑いが免疫中のナチュラルキラー細胞という、がん細胞を死減させるリンパ球細胞のはたらきを強めるという報告もあります。

 

笑うことで、β‐エンドルフインという脳内麻薬が分泌されて、痛みを抑える効果もあるとも言われています。

 

 

何かとストレスばかりの現代において、笑いは私たちの想像を絶するほどの効果をもたらしてくれます。

 

まず、笑いは顔の筋肉を目一杯使う感情表現です。眼輪筋や頬筋、国輪筋などの頬や口の周りの筋肉を大きく動かさないと、笑えません。

 

顔面の筋肉を活発に動かすことによって、血流も活発になります。実際にこれを利用した治療法として「笑み筋体操一」なんてのもあるくらいです。

 

最初は「?」という反応だったそうですが、今では糖尿病患者の治療なども応用されて注目を集めています。

 

笑いは、様々な体の異常に対する治療薬と言っても過言ではありません。「笑い療法士」という人たちをご存じでしょうか。

 

わたしの知り合いもその一人ですが、これは笑いによって患者の自己治癒力を高めたり、病気の予防を手助けするボランテイアのことです。

 

映画「パッチ・アダムス」でおなじみの海外の病院で活躍する道化師をモデルとしたものです。笑いの癒し効果は絶大なのです。

 

笑い療法士

 

家族との団彙や遊びの時間を大切にし、友達との会話、映画を観る、お笑いライブに行ってみるなど、自分の笑いのツボを押してくれるようなところに足を運んでみましょう。

 

ひとりで笑うよりも、みんなで笑ったほうがさらに健康的です。

 

 

感じのいいスマイルは、社会生活の潤滑油

 

笑いはコミュニケーションにおいても、最大の武器です。ピンチのときにもテンパらず笑顔で問題に対処できるビジネスパーソンは、リスペクトされるでしょう。

 

イケメンの男性よりもお笑い芸人のほうが女性にモテるなど、笑いを大切にする風潮や社会的現象もあちこちにあると思います。

 

お笑い番組でギャハハと瞬間的に笑うだけでなく、感じのいいスマイルができることも、うまく世の中を渡るためには必要です。

 

爽やかな笑顔に、お店でついモノを買ってしまったり、職場で頼みごとを引き受けてしまったりしたという経験はないでしょうか。

 

穏やかに微笑んでいると、周囲とも良好な関係が築けますし、自分が焦らずあわてずムカつかずに行動するためにも効果があります。

 

日本人は、スマイルが苦手ですが、スマイルは、練習すれば上手になります。口角を上げて、歯をちよっとだけ見せるのがコツです。スマイル練習法を、最後に載せておきますので、鏡の前でやってみてください。

 

 

泣いてマイナス感情をリセット

 

笑いが多いほうが理想的です。しかし、泣くという悲しい感情表現も、たまにであれば感情の整理にプラスにはたらきます。

 

悲しみを無理やり抑え込むよりは、いったん泣いて放出したほうが、スッキリしたという経験はないでしょうか。特に失恋や、家族、可愛がっていたペットの死など、ほかのものでは替え難い悲しみに遭遇したときには、泣くことで感情を外に出すことが、メンタルヘルスの観点からも大切なのです。

 

泣くときは、悲しみだけでなく怒りも混じっていることがあります。たとえば失恋のときも、「わたしの何がダメだったのか相手は何もわかってくれない」など、相手や自分自身に向けた怒りが入っていなかったでしょうか。

 

怒りは、なるべくなら外部に出したくない感情表現です。泣くことは、実は怒りを打ち消す作業でもあります。

 

悲しみや怒りといったネガティブな感情は思い切り泣いて発散することで、カタルシスを得ることが出来るというわけです。

 

ここでいうカタルシスとは「心の浄化」という意味を持ちます。

 

心のなかにあるよどんでいるものを洗い流してさっぱりさせることです。苦悩や怒りといった感情を吐き出すことで、やすらぎと癒しが得られます。

 

大きなトラブルに見舞われたとき、人は泣くことで気持ちが少し落ち着くというケースは少なくないような気がします。

 

 

涙はこころを浄化する

 

笑いだけでなく、映画やドラマ・演劇などで感動して流す涙も、人間のモヤモヤした感情をリセットしてくれる働きがあります。

 

映画のシーンに感動して流す涙が突破口となって、こころのなかのさまざまな感情が呼び覚まされて次々とあふれ出し、涙が止まらなくなることもあるかもしれません。

 

日常生活で抑えている or あるいは本人すら気づかない感情を放出させてくれるという意味では涙のカタルシスがもたらす効果は絶大です。

 

何かに感動して泣く自分の存在はいい意味で非日常的な刺激そのものです。

 

細菌「感動して涙することがないなぁ」というひとは、次の休日に映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

一人で静かに泣きたい人は、TSUTAYAに行って感動系で評判のDVDを借りるのがお手頃かもしれませんね。

 

映画は人に感動を与えてくれるいちばん手近な娯楽です。そして笑いは、自分だけでなく他人をも癒す効果があります。

 

「感動の涙」も笑いも、溜まっているストレスを解放してくれます。これを活かさない手はありませんね。

 

 

笑顔の練習

 

  • 眼輪筋:目だけで天丼、床を見る。目を時計回りに動かす。
  • 頼筋:顔を中心に小さくすばめ、次に目も国も大きく見開く
  • 口輸筋:唇を左右、斜め対角線に左右上下、回角を下に下げて「への字」に。
  • リップライン:割りばしをくわえて、両側の回角を上げてキープ。

 

※それぞれ5回ずつ繰り返しましょう。

 


  

関連するページ

コエンザイムQ10の驚きの力
体調不良や日々の疲れを改善するために調べると、色々なものが出てきて逆に困ってしまいますよね。そんなとき、コレ一つで全て解決、というものがあればどんなにラクなことかと思ったことは誰しも一度や二度はあるはず。今回はそんな夢?をかなえてくれるコエンザイムQ10についてご紹介します。
黒酢の疲労回復効果について
夕方のだるさに耐え切れず、栄養ドリンクなどで乗り切っている人は多いかと思いますが、これらドリンク類は元気の前借りと言ってもよいほどの体へのダメージが大きく、出来れば常用はしたくないものです。そこで、ここではそれの代用とも成り得る黒酢をご紹介します。
冷え性を改善について
古今東西、人間の体に不調が起きた際は温めることが単純にして最も効果的な治療法として伝承され続けてきました。それくらい冷え性は健全な体にとって厄介な存在です。ここではそんなだるさの原因ともなる冷え性について説明します。
鬱について、原因と対処法
体調は問題ないはずなのにどうにも気分がのらないという人はもしかしたら鬱かもしれません。鬱は自分では中々気付きにくいので放置しがちですが、その状態のままにしておくと長期的には深刻な影響となって体に様々な悪影響を与えます。ここではそんな鬱について説明します。
タウリンに秘められた脅威の力
何となく体がだるい・・・そんな時に効くのが栄養ドリンクです。栄耀ドリンクにはタウリンという成分が配合されていて、これが元気の源になります。ここではそんなタウリンについてみていきます。
現代になってダルい人が増えた
今の時代、食べ物に困らないのは当然として気を抜くとすぐ食べ過ぎになってしまうようになりました。飽食の時代です。にも関わらず、世間では食べ物が増えるのと比例して体のダルさを訴える人が増えました。これはなぜでしょうか。
たんぱく質不足は鬱の元
お肉や卵から摂取されるタンパク質は太る元として何かと敬遠されがちですが、人間が生きていく上でこれらは欠かせない栄養素です。タンパク質が不足すると場合によっては鬱になることも。ここではそんなたんぱく質についてご紹介します。
疲れた時に甘い食べ物はNG
疲れた体には甘い食べ物が有効なのは間違いありませんが、ちょっと待ってください。実はこれ、体のためを思うならやってはいけない習慣です。ここではそんな体と甘い食べ物の関係についてご紹介します。
何となくダルい、が続いたら……
特にこれといって理由もないのに何となくダルくて仕事も勉強も手に付かないときってありますよね。そんな時はどうすればいいのでしょうか。ここでは何となくダルい原因やそれの解消法について書いていきます。
栄養ドリンクの隠されたリスク
何かと疲れがちな現代人にとって飲めば一発で元気になれる栄養ドリンクは頼もしい存在です。でも、飲みすぎが体に良くないことは多くの人が何となく直感的に感じていることでしょう。そこで、ここでは知ってそうで意外と知らない、栄養ドリンクの危険性について説明します。