1. ホーム
  2. ≫ごあいさつ

ごあいさつ

女性のアイコン

 

 

はじめまして。レトロと申します。

ここでは最初に私の簡単な自己紹介をさせて頂きます。

私について

私は1984年生まれで11年の9月と15年の5月にそれぞれ息子・娘を出産しました。

子どもを妊娠・出産するまでは教育関係の仕事に就いていたのですが、出産後は子育てをしながら少しではありますが在宅ワークに励んでいる主婦をやってます。

永遠に終わらないトンネルにも思えた0歳育児も二人目になってようやく慣れてきて、“母親”っぽくなってきたのかなぁ・・・と思う毎日です。

さて、「主婦をしながら子育ては忙しい」・・・って、その通りなんだけど世間的に言いづらいものがありますよね。

実際タイミングが良ければお昼寝は出来るし、子どもが寝てしまえば自由時間もまぁまぁあるし、子どもを自分のスケジュールに合わせてしまえば何だってできます。

でも私はそれが上手くなくて、要領が悪くて「なんかわかんないけど1日がもう終わっちゃう・・・」とグッタリするパターンが多くありました。

なんだか“心ここに非ず”というか・・・毎日をこなしていくの精一杯で自分をコントロールしきれてないという感じです。

美味しい料理や面白いTVを見ても「なんだかな~」とか「なんかわかんないけど・・・」と、微妙な感想を抱いてしまいがち。

今まで得意だったものが、実はそうでもないことに思えて、今まで情熱を持てたものが面倒で。

出産後はそれくらい子どもとの共同生活に身体も頭も浸かってます。ほぼ一日中、子どものことを考えたり。(これは当たり前かもしれませんが)

一人目を生んでからもう何年も経つのに、こんなに自分の心を置いてけぼりにしていて大丈夫かなと心配になったりも。

旦那は「母親になるってのはそういうことなんだよ」と言いますが、何とも腑に落ちない感じがします。

私は元々キャパシティが大きいほうではないのでそれも関係しているのかもしれません。

“母親としてどう在るべきなのか”みたいなのものを、いつもどこかで気にしています。

・・・・・・っと、自分語りが長くなりすぎました。スイマセン(汗

このサイトについて

このように、子育てに悪戦苦闘している私ですが、一人目を産んで以来、日中の午後~夕方にかけて来る“ダルい感じ”にずっと頭を悩ませてきました。

そりゃ子どもを産んだことで精神的ストレスがどーのこーのとか、生活リズムがどーのこーのというのはあると思います。

しかし、それを差し引いても夕方がとにかくダルすぎだと感じていました。

独身でバリバリ働いていた頃は沈む夕日を毎日眺めるくらい夕方の時間帯が好きだったのに。(もうすぐ定時だからテンションが上がっていたというのもあると思いますが(笑))

子どもを産んでからは1日のうち一番嫌いな時間帯になりました。

それで夕方の身体のダルさをどうにかしようと思い、アレコレやってみた結果をまとめたのがこのサイトです。

多分世の中には私と同じように辛い体に鞭打って頑張ってる人はいると思います。

でも、それを口にすると「根性が足りない」とか「体力不足」とか批判されるので、あえて黙っていて職場の人間に相談できず困っている人はいるかと思います。。

現に私も身体がダルいのを旦那に相談したら「体力不足なんでしょ~」「自律神経失調症?」と、あまり真面目には取り合ってもらえませんでした。

このサイトはそんな夕方のお疲れに悩んでいる人に役立つサイトをめざしていきます。

よろしくおねがいします。

シェアをお願いします。